読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every wall is a door

40代、シンプルライフやライフハックなどに興味あり。iPhone/Macユーザー。

物流の適正なあり方

ヤマト運輸や佐川急便など毎年12月が繁忙期で携わっている方々の苦労がよくわかる。最近はネット通販の急増の一方でトラック不足、従業員不足などの話もよく聞く。追い打ちをかけるように某大手サイトでは当日配達のような過剰ともいえるサービスを展開。ネットで買い物しても送料無料が当たり前(アマゾンは昨年の途中から2,000円以上と改悪したけれど)。

 

配達コストが適正なのか、早く届ける仕組みがこれからも増え続けるであろうネット通販の取扱量に耐えられるのかと消費者からすると心配である。

配達のスピードを落としたならば、より多くの荷物を保管できるスペースが運送会社には必要になってくるだろうし、いずれにしても量が増えるのであれば従業員を増やすしかない。しかし過酷な労働は若者に敬遠される。

 

北海道では鉄道の廃止方針が話題となっているが、トラックドライバー不足の解決には鉄道貨物の増強しかないと思う。鉄道を維持するためのコストとの兼ね合いであるが、JR貨物の運賃は低いとか旅客鉄道会社への支払いが少なく済んでいるという話も聞く。

 

物流が滞れば日本経済への影響が甚大だ。単に小売の荷物運送だけではなく、例えば北海道ならば農作物の輸送などにも影響してくる。

 

このことはあまり注目されてはいないようだが、解決に向けた動きがなければいずれ大きな問題となるに違いない。

メディアが○○離れやミニマリストを取り上げない理由

若者のクルマ離れ、テレビ離れなどと言われる時代になって、持つものを最小限にするシンプルな生き方をするミニマリストなどという言葉もちらほら見かけるようになった。

 

かくいう自分はミニマリストに憧れてまではいないものの、モノに溢れることへの違和感を感じているし、何でも手に入る時代ゆえに何でも手に入れることがステータスではないという考えにも賛同している。

 

冒頭に事例として挙げたクルマとテレビは実際に所有しない生活をしていてそこに不便を感じてはいないし、持ちたいなとも今のところは考えていない。新聞もとっていない。あっ、若者とはいえない年齢だけど。

 

さて、このような発想に至った理由を思い出してみた。もちろん、ミニマリストの存在を知ったことやその前の断捨離がブームになったこと、さらにその前には自治体ゴミ袋の有料化を中心に廃棄コストというものが必要な時代になったことも影響している。

 

経済を考えるとモノが売れることが第一である。それで生産、流通、小売など関わるところにお金が動く。しかしモノが売れない、人が買わないことでここが滞る。モノを買ってもらうためには広告というメディアが大きな役割を果たしている中でモノを買わない人たちには広告は無意味であるし、テレビや新聞を目にしない私のような人間には伝わることはない。

それがメディアにとっては自らのクビを絞めることになるから報じたくないのだろう。

 

広告を見て買いたいと思ったものがこれまでいくつあったのだろうか。それは人それぞれだが、インターネットの世界では広告があることによって無料で提供されているサービスが少なくない。

ただ一方でステルスマーケティングだったり中立や公正な立場での情報提供ではないものもたくさん存在するのがネットの世界である。この対応にはブラウザのコンテンツブロッカーが役に立っている。広告を見なくてすむ以外にもパケット通信量の削減という効果もあり、一石二鳥。

 

それじゃお前はものを買わないのかとツッコミが入る流れだと思うので、そこのところも。

 

日常生活に必要な買い物はスーパーやドラッグストアなどの広告をネットで閲覧する。それ以外のものも検索エンジンには頼らずに複数の店で価格の比較をするなどもしている。コンビニは割高なのでなるべく利用しないようにしているが、セール情報だけは入手して必要に応じて買うようにしている。そのため特定のコンビニチェーンに偏らないようにもしてる。それが自分の意思ではなく売りたい側の意思にコントロールされているといわれればそれは否めない。しかし年中セールしているわけでもないし、たまにはこれを買おうかぐらいの感覚だと思うので、それはそれでいいのかなと。某ドーナツチェーンのようにセール期間が長すぎるようなものでもないのでね。

新年の始まりを迎えて

2017年、平成29年がスタート。和暦で書くとあれから30年近くなるのかと自分の年齢がどんどん増えていくのをストレートに感じる。

 

その年の目標を宣言したことは過去になかったが、やってみて一年後に振り返り達成度を見るというのもいいことだと思い、今年の目標ややりたいことなどを挙げてみたい。

 

★体重の減少(アンダー70kg)

★血液(特に肝臓)の正常値を維持

★異性との出会い(まずは)

★ミニマルな生活の推進(無駄な買い物の抑制)

★収支の適正化と貯蓄の増加

 

この5つに絞ることにする。生涯学習とか資格取得みたいなものも考えたが、むやみやたらとやることには意味がないと最近よく思うようになったから。

 

春から仕事の中身がどう変わるかはまだ全く分からない。これが見えていればそれに関することも入れたかもしれないが、仕事は今までもこれからも気を抜かずにやるのは当たり前。長くやっていると見えなくなるものがあるのだから、原点を忘れずに取り組むことを意識したい。

 

この不定期過ぎる日記がいつまで続くのかもというのはあるが、やらないとならないものでもないから気楽に続けられればと思う。

テレビなし生活から見えてくるもの

年末年始を実家で過ごしているが、一番の違いはテレビがあるかないかに尽きる。

 

自らテレビのスイッチを入れることはないが、気がついたらBGMのように誰かが見ていないときでもテレビから映像や音声が流れ続けてる。

 

電気代がもったいないとかそういう視点のことはさておき、習慣なんだろうなと思った。テレビがついているのが当たり前の環境で生活してる人にとっては何も感じないのは不思議なことではない。

 

この時期は紅白歌合戦に代表されるように特番だらけ。芸能人は海外に行くのがステータスだから年明けの番組の多くは年内収録のものばかり。それを見て楽しいのかもしれないが、そこで得られるものはいったい何なのかと考えると浮かばない。失うのは時間とか前出の電気代とか…そういうものになるのかな。

 

また自宅に戻れば静寂がやってくる。もちろん聴きたいラジオ番組で楽しむことはあるし、それが自由というか自分らしい生活なのだろう。

 

一人暮らしが人生の半分を超える今、別に結婚したくないとか面倒だとかそういう気持ちをもってはいないのだが、気がついたらそういう年齢になってしまった。諦めではないが、一度しかない人生のあり方については新年も悩み続けることなのだろうと思っている。

 

2017年は何か一つでもよい意味で変わる年にしたいな。

時間がある時こそ、あえて不便にしてみる

年末になり仕事納めのみなさまも多いことでしょう。今年一年、お疲れさまでした。

 

さて、意味深なタイトルを付けましたが、現在のネット環境のことです。ついついネット三昧に陥りがちな年末年始。今年MVNOに事業者を変えたので、今は速度制限を自由にかけたりはずしたり出来るのが安くなったのと同じぐらいメリットに感じて使っています。

 

この時期はついつい使いすぎることが予想されるので普段は速度制限をかけておきます。文字ベースのやり取りやLINEの通話、FaceTime程度の通信は問題なく出来ます。radikoは最初だけ制限解除しておけばいいみたい。これで多少は不自由を感じながらもスマホを使うことは可能。どうしても必要なときは解除すればよいだけ。あとは繰り越しなどをうまく利用すれば休みの多いこの時期もプランを増強しなくて乗り越えられるのです。

 

実家に行けばWi-Fiがあるし、今月の残りはそのまま繰り越せるので何か間違いさえなければ(動画を何時間も見たままになるとか)大丈夫です。

 

よくMVNOは昼休みの魔の時間帯と言われますが、年末年始はその集中も恐らくないでしょう。

 

節約のためという意味合いが大きいですが、自ら制限をかけて不便にすることでスマホ依存から離れられるメリットもあるのかな。

 

広告ブロックアプリの併用でデータ量の削減になることから、これもこの環境で有用です。制限下であっても広告データのカットでその分だけ早く表示されることにもつながります。

 

先日どこかのサイトに広告ブロックアプリは数パーセントのユーザーしか利用していないから影響はほぼないという情報を目にしました。賢いユーザーかどうかは別かもしれませんが、自分の環境は自分で作る。それで不自由や不具合が出るのであれば、その対策を考えて実行すればよいだけのことです。

 

それではみなさま、よいお年をお迎えください!

北海道日本ハムファイターズ球団の本拠地はどうなる?

リーグ優勝と日本一という最高の結果に終わった今シーズンの中で気になる動きはシーズン中に本拠地を札幌ドームから自前の球場にすることを検討していると報道されたこと。

昨日は札幌市、札幌ドーム、日ハム、コンサの四者で初めての協議が行われたが、札幌ドームをこれまでのように使用することで何も話は進展しなかったという。

 

さて、北広島市総合運動公園に移転することになった場合のデメリットを考えてみたい。

日ハム球団の言い分である使用料やグッズや飲食等は一度ドーム側に卸しての販売のため取り分が少ない、サッカーやイベント共用のため野球場としての使いづらさというのは理解できなくもない。

そこは交渉だろうし、札幌市やドーム側は一番の集客力のあるプロ野球公式戦が行われなくなれば困る訳で、揺さぶりをかけにきているのかもしれない。

そこで招致合戦の中でも一番熱い北広島市総合運動公園に移転したらどうなるのかを考えてみた。

まずは観客数、四万人を超える試合がどれだけあるのか。そもそも四万人規模の球場にすることすら分からないが、札幌市内からのアクセスはJR千歳線以外なく、最寄りの北広島駅からも今の地下鉄福住駅から札幌ドームよりも2倍は遠く、坂道でもある。シャトルバスで捌いても交通費がさらに上がるし、渋滞などでスムーズには移動できない可能性も少なくない。

それよりも千歳線の現状は空港連絡と通勤通学などを含めて平日日中も含め混雑している。新千歳空港の発着便が増えてることから国も協力して快速列車を現在よりも増やす必要があるとしていて、快速エアポートが一時間に4本から5または6本にする計画がある。しかしこれは日ハムが移転することとは無関係のため、ここに球場アクセスを求めると非常に厳しいとしか言えない。

今より不便な場所だから来場者が一万人程度でいいと考えてるのであれば賄えるのかもしれないが。

福住や新さっぽろなどからシャトルバスという方法も考えられるが、バス運賃は札幌市内を越えるため対キロ運賃になり210円ではなく安くても300〜400円程度にはなるだろうし、地下鉄との乗り継ぎ割引も不可。札幌ドームに来ていた札幌市民の感覚からは遠いし交通費も高いとなると足は遠のくだろう。JR千歳線は事故で不通になることも多く、交通の面でのデメリットが大きすぎる。

札幌ドームからは出て行くことが仮に決まったとしたら北広島市総合運動公園になることで集客力が落ちる、札幌ドームに戻るのか北海道以外に本拠地を移すのかなどとせっかく盛り上がっている球団を応援する地元にとってはマイナスでしかない。

札幌市も何らかの譲歩はするだろうし、移転が決定しても札幌市内の候補地ならば上記の問題は解決できると思われる。北広島ばかり大きく取り上げられている中でこういう視点で地元の人たちを含め考えているのかが気になったので、このような形で記してみた。検索結果で引っ掛けてくれた方にだけでも読んでもらえれば幸いである。

キャッシュカードもクレジットカードもICチップ専用にすべき

先日、コンビニATMから18億円あまりが引き出されたというニュースがあった。

昔からある磁気カードの情報を書き換える手段で実行された。この時代、まだ磁気なのかという思いも個人的にはあるが、ICチップ対応にするためにはカードのコストが増え、不正引き出しの被害額のほうが少ないという理由で磁気のままのものもいまだに新規発行されている。

クレジットカードは国内では2020年の東京オリンピックまでにはICチップを普及させるように動いていて、自分の持つクレジットカードにはすでに全てICチップが付いている。しかしキャッシュカードは磁気だけのものがいまだに多い。

安全を最優先にすることが信頼されるためにも必要だと思う。